顔の産毛脱毛パックの手順

顔の産毛脱毛パックの手順

顔の産毛脱毛パックは、顔の上にパック剤を塗布して乾いたら、一気に剥がして、パック剤に絡んだ顔の産毛脱毛をするという一気にまとめて脱毛という方法ですね。パック剤は肌にぴったり密着し、顔の産毛に絡まないと脱毛できないため、お肌の一部、バリア機能も一緒に剥がれるはずです。あとは、痛いです。

 

つまり、顔の産毛脱毛パックは、お肌のことを考えるとあまりお勧めできません。パック剤に、保湿や、肌のきめをなめらかにする成分などが入っていたら、違うと思いますが、あまりそういった顔の産毛脱毛パック剤を見かけたことがありません。主には顔の産毛を脱毛する目的のためのパック剤です。

 

顔の産毛処理方法について色々試行錯誤している女性は多いと思いますが、自分でもうこの方法が一番!という顔の産毛処理法をお持ちの方はいるのでしょうか?その方法に自信はありますか?将来的にも、お肌へのダメージも大丈夫と言えるでしょうか。

 

まず、なぜ顔の産毛が濃くなるのはなぜでしょうか?顔の産毛が濃くなる理由はさまざまですが、なぜか濃くなったように見えるという人もいます。それは顔の産毛を剃ることで、断面が太い毛が生えてくるので、一度剃ると顔の産毛がなぜか濃くなったように思えます。他にはホルモンバランスが原因と考えられます。顔や体には、皮膚を守るために 産毛が当然生えていますよね。

 

その濃さや量には個人差も大きいですが、特に女性の場合、悩んでいる人は多いはずです。しかも、近年では、男性ホルモンの影響で産毛が濃い女性を 「ひげ女子」と呼ぶこともあります。つまり、男性のように働き、管理職になっている女性もいて、男性ホルモンが優位になり、顔の産毛が濃くなっている場合です。 顔の産毛が濃い原因は、少なからず男性ホルモンの影響を受けています。

 

では、処理方法ですが、本当は剃らないでもメイクをすれば、隠せますという方は、あえて顔の肌を傷める必要はありません。しかし、どうしても綺麗にしたいという女性は、まず顔の産毛を剃ることです。剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。

 

そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことです。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。

 

次はやってはいけない毛抜きです。顔の産毛を無理に引っ張って抜いていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。他にもニキビができたり、その跡が残ったりと弊害がたくさんありますので、毛抜き以外でも抜くという行為は絶対にNGだということを記憶してくださいね。