デリケートゾーンのムダ毛に使用できる?

デリケートゾーンのムダ毛に使用できる?

女性用ひげ(産毛)スキンケアクリームである「ノイス」ですが、他の気になるムダ毛に使用できないことはありません。
それは、ノイスは人の肌に優しい天然由来成分でできたスキンケアクリームだからです。実際に指の毛などに使用されている方もいらっしゃいます。

 

しかし、中にはデリケートゾーンのムダ毛に使用される方や使用を検討される方もいらっしゃいますが、ひげや産毛との毛の太さや硬さ、質が異なるので効果を感じにくい点や商品の用途と異なる使用方法のため何かあった時に保証対象になりません。

 

デリケートゾーンにはデリケートゾーンに合ったムダ毛ケアをされることをおススメします。
女性スタッフばかりとは言え、やはりデリケートゾーンを脱毛サロンでケアすることに抵抗があるという方に自宅で出来るデリケートゾーンのケア方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

@脱毛クリーム:肌にクリームを塗り5〜15分後に洗い流したり、ティッシュで拭き取ることでムダ毛が溶ける脱毛
A家庭用脱毛器:家庭で使えるように製造された脱毛器
Bブラジリアンワックス脱毛:はちみつをベースとした脱毛ワックスを塗ってから一気に毛根から引きはがす脱毛
C抑毛ローション:毛の成長を抑制させる働きのあるローションを塗る方法
などが挙げられます。

 

デリケートゾーンの中でもVIOと使用できる部位も様々です。誤った使用をしないよう、商品ごとの詳細を確認してから使用しましょう。
また、デリケートゾーンはとてもデリケートな場所です。どのような方法でも肌への影響が0の方法はありません。

 

さらに、おススメしない方法はカミソリと毛抜きでの処理です。
カミソリは、ただでさえ肌を傷つけやすい方法のため、デリケートゾーンにはあまり向いていません。色素沈着を起こし、黒ずみの原因にもなります。
毛抜きは、毛細血管を傷つけてしまうことや次に生えてくる毛を埋没しやすくしてしまうリスクがあります。痛みも強いのでおススメしません。

 

そのような点から言うと、デリケートゾーンのムダ毛処理は脱毛サロンや医療脱毛が効果も肌への負担も少なくて良いと言えるでしょう。
通う手間や費用も発生しますが、安全面や衛生面、今後の自己処理の回数や将来性を考えると通うメリットもあると言えます。

 

また、ノイスは産毛やひげという目的に合わせて使用するようにしましょう。

 

肌トラブルが起きてからでは取り返しがつかないこともあります。特にデリケートゾーンは人に見せにくい場所でもあるので、勝手な判断と行動で後悔しないように注意しましょう。